6段変速機つきシティサイクル11180円(驚)

今日は16℃まで最高気温が上がって自転車通勤がとても楽になった。この暖かさで自転車通勤者がまた増えそうな気がする。新学期まであと1ヶ月だが新社会人、新高校生などが自転車通勤、自転車通学を始める場合も多いだろう。新社会人や高校の新入生がロードレーサーやピストで通勤、通学するとは考えられないのでシティサイクルの売れ筋をまた価格ドットコムで確認してみた。


価格ドットコムの自転車の人気ランキングは毎日変わるが今日現在売れ筋ランキング1位のシティサイクルはTOPONEのHCA266-DGの12800円、2位がマイパラスのM-501、11180円である。HCA266-DGはこの値段で6段変速である。管理人のアルベルトを上回る変速段数である。ダイナモランプで重さ18kgはこの価格なら納得だがそれにしてもすごいシティサイクルがあるものだと感心してしまった(事実である)。


2位になっているマイパラスも6段変速で16kg、シマノの外装式ディレイラーがついている。シティサイクルも外装式変速機が珍しくない時代になっているのかもしれない。フレームはスチールでリムはアルミである。


13000円程度で6段変速の(しかも外装式変速機である)シティサイクルが買えてしまうのだ。知名度から考えればマイパラスもTOPONEもそれほど知られている自転車メーカーではないが有名ではないにせよ自転車の進歩はすごい。ベルトドライブの自転車、シティサイクルはまだ少数派だがそのうちアルベルトロイヤルエイトを超えるベルトドライブの自転車が販売されるかもしれない。シティサイクルにはロードレーサーやピストのようなかっこよさ、速さや美しさはないがこれからも注目しなければならない車種である。今後どのようなシティサイクルが新発売されるのか楽しみである。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。